税について経営者はどんなスタンスで臨むべきか?

お問い合わせ土日祝日対応

043-330-3091

メールはこちら

税について経営者はどんなスタンスで臨むべきか?


経営者になると、納税資金の確保で苦労したり、税務調査の対応で時間をとられたりするため、税について考える機会も多くなります。経営者の税に対するスタンスはいろいろ考えられますのでご紹介します。

 

納税は義務であり貢献の証でもある

経営者にとって、税金は資金流出をまねくため負担を感じるのが一般的です。稼いだ利益のすべてを、株主に還元したり、再投資に回したりできれば、将来のより大きな利益につながるはずだと考える人もいるでしょう。納税は法律で定められた義務でもありますので、納税をしないわけにはいきません。一方、納税するということは社会への貢献だという考え方もあります。税金は国民のために使われるものですので、十分な利益を稼ぎ多額の納税を行うことは社会の役に立っている証だともいえます。経営者の考え方1つで、税金に対する会社のスタンスは変わります。経営者は税金についてどんなスタンスで向き合っていくかを考えておく必要があるでしょう。経営者の考え方は、従業員に敏感に伝わっていき影響を与えます。そのため、あまりネガティブなスタンスで税金と向き合うのは得策ではないでしょうか。

 

節税をすることは大切

納税することは義務であり社会貢献の証でもありますが、節税努力をしないで多額の納税を行うだけでは経営努力が足りないといわれてしまうでしょう。意図的な脱税で納税額を減らすのは違法ですし論外ですが、合法的に与えられている税の恩典をフル活用しての節税は、経営努力として当然行うべきことでしょう。そのため、会社は節税ができる体制を整えておく必要があります。節税に関しすべてをアウトソーシングする場合は税理士や税務コンサルタントなどを活用するのが一般的です。また、自社で専門家を雇って節税対策することも考えられます。どちらにしても、節税対策には、検討材料となる正確な会計データが必要になります。

 

正しい申告納税は正しい経理処理から

節税は、過去の会計実績を検証し、実態に合った有効な節税手法を探し出すことが重要です。そのため、会計データの正確性は大切な要素となります。会計データの正確性を保つためには、クラウド会計の導入が効果的です。正確な会計処理をサポートする多くの機能が付いていますし、自動的にバックアップが行われるためデータの保存も安全確実に行われます。クラウド会計を導入することで会計データの精度が向上すれば、節税対策が進むだけでなく、正しい申告納税にもつながります。税についてしっかりとした体制で臨みたいと考える場合は、クラウドシステムの導入を検討してみると良いでしょう。”