料金表

お問い合わせ土日祝日対応

043-330-3091

メールはこちら

料金表


税務顧問サービス(単位:円)

お客様の年商 個人のお客様 法人のお客様
1000万円未満 15,000 22,500
3000万円未満 30,000 37,500
5000万円未満 45,000 52,500
1億円未満 67,500 75,000
3億円未満 90,000 97,500
5億円未満 112,500 120,000
5億円以上 別途、お見積り 別途、お見積り

 

過去会計と呼ばれる”経理業務から税務申告まで”をパッケージにしたプランです。

お客様の年商を基準に毎月のサービス料を設定します。上記金額は全て税抜きです。

毎月のサービス料に決算料(確定申告料)は含まれております。

消費税の申告がない年度は、月額サービス料から2,500円を値引き致します。

 

提供するサービス内容

経理及び税務に関する基本的な考え方のご指導

直接訪問による書類整理方法のご指導(3回目以降は有料)

クラウド会計ソフトfreeeに関する使い方のご指導

クラウド会議室チャットワークに関する使い方のご指導

クラウドストレージGoogleドライブに関する使い方のご指導

ご郵送いただいた資料をデータ化してGoogleドライブにて共有

 

各種届出書作成(開業届、設立届、青色申告承認申請書等)

毎月行うタイムリーな月次試算表の作成(記帳代行)

源泉所得税の納付代行(ダイレクト納付による引落し)

各種届出書や試算表等のPDFデータもGoogleドライブにて共有

 

チャットワークによる迅速な質問対応(経営相談は除く)

国税OBによる電話での税務相談、節税提案、リスク診断

freeeを活用した現預金残高、入出金管理の見える化

共有チェックリストによるお互いの作業工程の見える化

グループチャット活用によるお互いの意思疎通の見える化

複数担当制による迅速かつ安心のサポート

 

経理代行の必要性

当事務所では、経理業務を、記帳、給与、請求、振込、入金管理の5つに定義しています。

 

記帳とは、領収書や請求書といった日々の取引書類を帳簿に記入する仕事をいいます。

給与計算とは、役員を含む従業員の給与を計算する仕事をいいます。

請求とは、自社が行った業務を相手方に請求するために、請求書を発行する仕事をいいます。

振込とは、他社が行った業務について他社から請求を受けたので、お金を支払う仕事をいいます。

入金管理とは、自社が発行した請求書のうち、入金がされているかを管理する仕事をいいます。

 

経理の仕事というのは決してカンタンなものではなく、これらが複雑に絡み合って出来ています。

起業したばかりというのはいわゆる経理のマニュアルがない状態で経理業務を行う必要があるので、

そもそも経理の経験がない方の場合、何がわからないのか?がわからない状態になってしまい

想像以上に経理業務に時間を取られてしまうどころか、本業に使うべき時間まで失ってしまいます。

また、クラウド会計ソフトはITスキルも必要とするので、経理業務の経験者であっても

ソフトをうまく使いこなすことができずに、逆に時間を無駄にしてしまうことが多いです。

 

では、そんな難しいクラウド会計ソフトを使うメリットってなんなんでしょうか?

じつはクラウド会計ソフトを使うと低コストで経理部をアウトソーシングすることが出来るので

創業したばかりの企業やフリーランスにとっては大きなメリットになると考えています。

そこで、当事務所では中小企業にとってメリットのある経理部門のアウトソーシングとして

資料を丸投げしてもらい、経理をクラウド化させるサービスを提供しています。

経理をアウトソーシングすることによって本業に使うべき時間が確実に増えますので、

新規顧客の獲得や既存顧客の満足度アップにつなげることができます。

 

このような方に対して、中川会計事務所はオススメです!

・節税の相談がしたい

国税OBが複数名常駐していますので、節税対策はバッチリです!

相続対策や税務調査対策まで、しっかりと対応します!

・創業したものの、何からやっていいのかさっぱりわからない

お客様にやっていただくのは資料の送付だけです!

経理が全くわからない方こそ、当事務所は歓迎します!

・PCやスマートフォンでのチャットでのやり取りに抵抗がない

チャットがお好きな方は、かなりやり取りがしやすいはずです!

逆にチャットでの連絡を苦手とされる方はオススメできません!

・面倒な経理は任せて本業に集中したい

お客様には本業に集中していただくのがベストです!

経理部門を丸ごと外注することで、必ず大きなリターンが生み出せます!

・他分野の専門家や銀行などを紹介して欲しい

当事務所では各種専門家と業務提携を行っております!

ベストアドバイスを提供いたしますのでお気軽にご相談ください!

 

注意点

給与計算及び社会保険事務手続きはサービス料に含まれませんので、提携社労士へご相談ください。

年末調整をこちらで代行する場合は、1人あたり3,000円を別途ご請求させて頂きます。

法定調書合計表と償却資産申告書はサービス料に含まれますので、こちらで作成いたします。

税務調査立会はサービス料に含まれませんので、別途お見積りさせて頂きます。

業種や業態によって税務リスクが異なるため、金額は多少変動する可能性がございます。

経営に関するご相談は、財務顧問サービスにてご提供させていただきます。

(例:役員報酬シュミレーション、事業計画、資金調達、資金繰りの相談など)

 

決算期日の近いお客様

当事務所では毎月のサービス料に決算料(確定申告料)を含んでいるため、契約初年度は最低保証金額を設定しております。

決算までに頂くサービス料の合計がサービス料の9ヶ月分に満たない場合は、サービス料9ヶ月分との差額を契約時にご請求致します。

 

(例1)
5月決算法人のお客様(年商2500万円)が、1月からご契約頂いた場合

1月からのサービス料 37,500円

契約時の導入手数料 37,500円×9ヶ月-37,500円×5ヶ月(1月~5月)=150,000円

決算料 無料

 

(例2)
5月決算法人のお客様(年商2500万円)が、4月からご契約頂いた場合

4月からのサービス料 37,500円

契約時の導入手数料 37,500円×9ヶ月-37,500円×2ヶ月(4月~5月)=262,500円

決算料 無料

 

(例3)
5月決算法人のお客様(年商2500万円)が、5月からご契約頂いた場合

5月からのサービス料 37,500円

契約時の導入手数料 37,500円×9ヶ月-37,500円×1ヶ月(5月)=300,000円

決算料 無料

 

(例4)
5月決算法人のお客様(年商2500万円)が、6月からご契約頂いた場合

6月からのサービス料 37,500円

契約時の導入手数料 37,500円×9ヶ月-37,500円×0ヶ月=337,500円

決算料 無料

 

財務顧問サービス(単位:円)

お客様の年商 個人のお客様 法人のお客様
1000万円未満 25,000 52,500
3000万円未満 50,000 77,500
5000万円未満 75,000 102,500
1億円未満 127,500 155,500
3億円未満 170,000 197,500
5億円未満 212,500 240,000
5億円以上 別途、お見積り 別途、お見積り

 

未来会計と呼ばれる”財務コンサルティングまで”をパッケージにしたプランです。

一般的には知られていない資金繰りの不安から解放される財務戦略をお伝えします。

経理と税務は、過去の商取引における事象を書類にまとめるサービスなのに対して、

財務はお客様が描く未来へのアプローチを一緒に考えて行動するオーダーメイド型のサービスです。

ただの作業代行ではなくコンサル的な付加価値を求める方に、オススメのサービスです。

 

提供するサービス内容

税務顧問サービスにて提供するサービス内容一式

財務に関する基本的な考え方のご指導

事業計画策定支援(出口戦略)

月次キャッシュフロー管理(資金繰り予測)

毎月の予実管理及び経営指標のモニタリング(経営分析)

着地見込みの提示及びタックスプランニング(納税予測)

各種金融機関からの資金調達支援及び対応支援

その他経営に関するご相談

 

財務コンサルティングの必要性

経営者として最初に取り組まなければならないことは、会社を潰さないことです。

潰れない会社=絶対的存続企業を作るためにも、中小企業こそ財務の専門家を抱える必要があります。

しかし、中小企業に財務部というポジションを置くには、コスト的に見合わないことが多いです。

そのため、税理士に相談される方も多いのですが、前述の通り税務と財務は全く異なります。

税理士に相談したけども、その回答が腑に落ちないことも多いのではないでしょうか?

その理由は、税理士は税務の専門家であり、財務の専門家ではないからです。

 

そこで、当事務所では中小企業にとって本当に必要な財務部門のアウトソーシングとして

税務顧問の先にある財務のコンサルティングサービスを提供しています。

財務コンサルティングを受けることによって企業のキャッシュポジションが高まり、

不測の事態=短期的収益悪化に対する抵抗力を高めることができます。

震災・風評被害等不測の事態になっても乗り切れる時間を得ることが出来るのです。

自社のキャッシュポジションを高め、絶対的存続企業になり、

余裕のある中で最適な意思決定をできるようになるためにも、

全ての中小企業に財務コンサルは必須だと考えています。

 

このようなお悩みに対して、財務コンサルティングは有効です!

・毎月の現預金残高が少なくて不安

現預金残高が増えると、毎日の経営に安心感が出て、モチベーションを高く保てます!

・取引条件が悪くて選択肢がない

条件の悪い仕事は断れるので、社内の殺伐とした雰囲気も解消されます!

・金融機関からの提案を完全に理解できていない

金融機関と対等に取引が出来るので、自信を持った主体的な経営に生まれ変わります!

 

その他スポットサービス(単位:円)

1.クラウド会計ソフトを使った経理業務&自計化指導サービス

20万円(税抜)

 

2.資金調達サービス

資金調達額×3%(最低保証10万円)

 

3.事業承継対策

別途お見積

 

4.M&A仲介・アドバイザリー業務

別途お見積

 

5.事業再生支援業務

別途お見積

 

6.財務デューデリジェンス

別途お見積

 

7.セカンドオピニオン

別途お見積

 

料金関係でご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください!