確定申告を楽にする方法とは?おすすめはクラウド会計の活用!

お問い合わせ土日祝日対応

043-330-3091

メールはこちら

確定申告を楽にする方法とは?おすすめはクラウド会計の活用!


フリーランスや個人商店を経営している個人事業主は、毎年確定申告の時期になると申告書の作成に苦労しているという人も多いでしょう。確定申告を楽に行う方法として、注目を集めているクラウド会計を使っての確定申告についてご紹介します。

 

基本的な確定申告の方法

個人事業主の場合、事業によって利益を得たときは、所得税の計算上、事業所得として課税されます。また、住民税も課税されることになります。住民税は所得税の確定申告をすることによって申告不要になりますが、少なくとも所得税の確定申告は行う必要があります。所得税の計算期間は1月から12月で、申告書の提出期間と納税時期は翌年2月16日から3月15日です。毎月会計処理を行っていればそれほど大変な作業ではありませんが、1年分の処置を年明けに一気にやろうとすると相当大変な作業になることもあります。そのため、できれば毎日、少なくとも1カ月に1度は会計処理をしておくと年明けの作業が楽になります。

確定申告書の作成自体は、国税庁の確定申告書作成コーナーを活用すれば簡単に作成できますが、それでも基礎資料となる帳簿や決算書類の集計は別途行う必要があります。日々の記帳には、パソコンにインストールするタイプの会計ソフトを使っている事業者も多いでしょうが、パソコンに向かわないと作業できない、複数の担当者で同時に作業することが難しいなど作業効率に不満を感じている人も少なくないはずです。

 

クラウド会計を活用するメリットとは?

確定申告に必要な会計処理を楽に行うためには、クラウド会計を活用することをおすすめします。クラウド会計を活用する場合は、その名の通り、クラウド上の会計システムを使ってネット上で会計処理を行います。使用料は少額であることが一般的で、限定された機能でも活用できそうな場合は無料で利用できることも多いです。つまり、会計ソフトにかける経費が抑えられるメリットがあります。

また、クラウドシステムを活用することにより、デバイスを選ばず利用ができ、複数の人が同時にアクセスして作業することもできるメリットもあります。出張先でスマホから会計処理をすることができたり、数人で一気に作業を片付けたりできるのは従来のパソコン会計ソフトにはない特徴です。入力したデータは自動的にバックアップされる点もメリットといえるでしょう。

さらに、入力したデータを元に、確定申告書を自動的に作成し印刷できる機能もあります。確定申告の作業をもっと楽にしたいと考えている人は、クラウド会計の導入を検討してみると良いでしょう。”