確定申告に手間がかかる?その悩みはクラウド会計で解決!

お問い合わせ土日祝日対応

043-330-3091

メールはこちら

確定申告に手間がかかる?その悩みはクラウド会計で解決!


事業を行っていると確定申告が必要ですよね。申告期限の直前になって慌てて用意する人も多いのではないでしょうか。そのような場合、ミスをしてしまう可能性が高まります。日頃から記帳や仕訳といった会計処理をしっかり行っていれば、そのような事態を避けられます。しかし日々の業務が忙しくて手が回らない人もいるでしょう。そのような人にはクラウド会計がおすすめです。

 

確定申告では日頃の会計処理が重要

法人の場合は、事業年度が終わってから2カ月経つまでに確定申告をしなければなりません。個人の場合は、事業を行った翌年の2月16日~3月15日に確定申告が必要です。どちらも申告期間が始まってからの猶予が長いわけではありません。そのため申告期間に入るまでに、確定申告に必要な下準備を済ませておくのが望ましいといえます。

しかし取引の件数が多いと、日々の売上や支払いなどをその都度ごとに仕訳するのは難しいでしょう。確定申告や経理の知識が豊富でない人が担当すると、非常に時間がかかってしまいます。担当できる知識を持った人材を雇用する手段もありますが、その場合は新たに人件費がかかるデメリットがあります。

 

クラウド会計で会計処理の負担削減!

クラウド会計を使用すると、日々の会計処理にかかる手間を大きく削減できます。取引に関するデータの多くをオンラインで自動取得してくれるのです。わざわざクレジットカードや銀行通帳の明細などを調べる必要がなくなります。

オフラインで使用する会計ソフトの場合、自分で明細を見て手作業でデータを入力しなければなりません。件数が多いと膨大な時間がかかりますし、ミスをする確率も高くなってしまいます。クラウド会計を使用すると、そのような心配がなくなります。現金取引など、自動取得に対応していない取引のみ使用者がフォローすれば良いからです。

また取引データの仕訳にかかる手間も減らせます。一般的には勘定科目に基づいて仕訳していくことになりますが、クラウド会計ではその作業も自動化できるのです。繰り返し発生する取引について、仕訳のルールを登録しておくことで可能になります。

 

確定申告がお手軽に!税理士事務所も活用しよう

メリットは取引データの取得や仕訳の自動化だけではありません。仕訳したデータを用いて、確定申告に必要な申告書を自動作成してくれるのです。そのため確定申告に関する知識がなくても、時間をかけずに申告書の準備を行えます。クラウド会計は状況に応じてアップデートが迅速に行われるので、消費税増税などの税制変更があった場合も安心です。

またクラウド会計専門の税理士事務所に顧問を依頼しておけば、より正確な会計処理や確定申告を行えるようになるでしょう。自動処理できない仕訳を任せたり、判断に迷う部分のアドバイスを受けたりできるからです。また節税のアドバイスや、税務調査の立ち合いもお願いできるので心強いです。”