法人の節税対策の検討には正確な会計データが必要

お問い合わせ土日祝日対応

043-330-3091

メールはこちら

法人の節税対策の検討には正確な会計データが必要


法人の所得には法人税が課されますが、合法的な節税によって課税所得をできる限り少なくすることは重要な経営活動の1つです。節税対策を行うためには、正確な会計データが必要ですが、クラウド会計を活用することで、分析に必要な会計データを整理しやすい形で手に入れることができるようになるでしょう。

 

法人の節税対策の種類

法人の節税対策にはたくさんのバリエーションがあります。例えば、費用の使い方の種類としては、交際費の損金算入限度枠を最大限まで利用したり、消耗品の購入時期を翌期の最初ではなく今期末に前倒ししたりする方法などがあります。また、税制優遇措置として設けられている特例を活用する方法も有効です。ハイテク生産設備を購入した場合に早期償却や税額控除が認められる特例などは、大きな節税効果が期待できるはずです。また、グループ企業であれば、グループ内の取引や組織を変更することで節税につなげられる場合もありますし、連結納税制度を活用して節税する方法もあります。

 

法人が節税をする理由

経営者は、場合によっては高い報酬を支払ってまで、税の専門家のアドバイスを受けて節税対策を行うことも珍しくありません。なぜ法人は節税対策をするのでしょうか。会社はビジネスの世界で常に競争に立たされています。その競争の中で生き残っていくためには、他者よりも強い商品や製品、サービスを持つことが大切ですが、そのためには、少しでも多くの資金を生み出す必要があります。会社の資金は、売上増や費用削減によって利益が増加すると増えますが、その他にも税金支出を減らすことでも資金増を実現できます。つまり、節税による法人税納税資金の減少は、販売によって資金を稼ぐことと同じ価値があるのです。法人の節税対策は重要な経営活動の1つだと言えるでしょう。

 

節税対策を検討する場合はクラウド会計のデータが役に立つ

節税対策を検討する場合は、過去の会計実績データが重要な役割を果たします。過去の会計データを精査することで、その会社に合った有効な節税方法を選べるようになり、節税効果の予測もできるようになるからです。そのため、会計データは正確に保存されていることが大切です。クラウド会計を導入しておけば、バックアップは自動的に行われますので、データを失うリスクはほとんどありません。また、預金データのネットからの取り込みや他のシステムとの連携も簡単にできますので、手間をかけずに正確な会計データを作成することができます。節税に役立てるためにもクラウド会計の導入をおすすめします。”