決算書を早く完成させ経営に活かすための対策はクラウド会計の活用が有効!

お問い合わせ土日祝日対応

043-330-3091

メールはこちら

決算書を早く完成させ経営に活かすための対策はクラウド会計の活用が有効!


決算書は、経営している事業の状況を正しく把握し、課題を見つけ修正し、さらに将来の経営方針を決める上で重要な役割を果たします。しかし、決算処理に時間がかかっていて決算書がなかなか出来上がってこないと悩んでいる経営者も多いでしょう。そういった場合はクラウド会計の導入をおすすめします。

 

決算書の完成が遅れる場合のデメリットとは?

決算書の完成までに時間がかかってしまうと、業績の把握が遅れるというデメリットがあります。また、経営実績の把握が遅れてしまうと課題の把握も遅れ、対策を打つタイミングも遅れていきます。そうなると、競争が激しいビジネスの世界で生き残ることが難しくなります。そのため、できるだけ早く決算書が完成する体制を整えることが必要です。決算書を早く完成させるためには、その作業に関わっている人員を増やす方法もありますが、決算期に対応するために従業員を雇ってしまうと、人件費がかさんでしまい効率的ではありません。コストを増やさずに決算書の完成を早くするための対策としては、クラウド会計の導入が有効でしょう。

 

クラウド会計を導入することによって決算書が早く出来上がる

クラウド会計を導入するということは、クラウド上の会計システムやデータ保存領域をネット上でレンタルすることを意味します。そのため、複数の人間が同時にアクセスして作業するのも簡単に実現できます。また、パソコンだけでなくスマホやタブレットでもアクセスできるようになりますので、営業担当者などが費用を使った都度入力するといった機動的なデータエントリーも可能になります。さらに、入力された会計データからほとんど自動的に決算書を出力することができるようにもなります。その結果、年間決算や月次決算といったタイミングだけでなく、リアルタイムに近い経営成績を、経営者をはじめ多くの人が同時に確認できるようになります。通常の年間決算書や月次決算書も早く出来上がるようになるでしょう。

 

クラウド会計導入によって分析精度も上がりコストダウンも図れる

また、クラウド会計には、部門別の前年比、計画比といった経費分析機能など経営分析に必要な機能がある場合も多いです。有料オプションになっているケースもありますが、こういったツールを効率的に使えば、決算書が早く出来上がるだけでなく、経営課題の抽出も早くできるようになるでしょう。また、クラウド会計は、機能を最小限に抑えれば無料で使用できるケースも多いです。仮に有料オプションで機能を付け加えていたとしてもトータルでは従来よりはコストを抑えられる可能性があります。バージョンアップの手間も不要になる点も見逃せないコスト削減効果があるといえます。”