決算に必要な書類はクラウド会計で効率的に作成する!

お問い合わせ土日祝日対応

043-330-3091

メールはこちら

決算に必要な書類はクラウド会計で効率的に作成する!


事業を行っている場合、経営状況を正しく把握して課題解決をしながら経営の方向性を決めるためには決算を行う必要があります。また、事業利益に対しては所得税や法人税が課されますので確定申告書の作成も求められます。そこで、どういった書類を作成する必要があるか、その書類を効率的に作成するにはどうしたらいいかについてご紹介します。

 

決算には仕訳帳や総勘定元帳などの書類が必要

個人事業者で青色申告を行っている人や法人の場合は、申告納税や経営状況の把握のため多くの書類の作成が必要になります。最終的には、決算書を作成する必要がありますが、そのためには、日々の仕訳を記帳する仕訳帳、仕訳の内容を勘定科目ごとに集計した総勘定元帳などの書類を作成する必要があります。決算を正しく行うためには、複式簿記のルールに則って会計処理をする必要があり、そのルールに従った場合、仕訳帳と総勘定元帳は最低限揃えるべき書類とされています。

 

決算は決算書だけでなく確定申告書の書類も必要

仕訳帳や総勘定元帳を作成しただけでは、経営状況を把握したり申告書を完成したりすることはできません。利益や財産状況を把握するためには、損益計算書や貸借対照表、そしてキャッシュフロー計算書などの決算書を作成する必要があります。また、確定申告書作成のためには、これらの決算書から数値を転記する必要がありますので、確定申告のためにも決算書の作成は必要になります。製造業を行っている場合など多くの設備を所有している場合は、固定資産台帳を作成することも必要になってくるでしょう。これらの決算書類や確定申告書は最低年1回作成することが求められますが、効率的に作業を行わないと相当な時間がかかる可能性がありますので、本業に集中するためにも対策をしておくことが重要です。

 

クラウド会計で効率的に決算書類を作成する

仕訳帳や総勘定元帳などの帳簿や損益計算書、貸借対照表などの決算書、さらには確定申告書を作成する作業は効率的かつ正確に行う必要があります。そのためにはクラウド会計システムを導入することをおすすめします。クラウド会計システムを導入することによって、預金データを自動的に会計データに変換する機能が使えるようになり、日常的な会計処理を効率的に行うことができるようになるでしょう。また、自動的に仕訳帳などの帳簿が作成され、決算書や確定申告書も自動的に出力できるようになります。決算書の作成などの間接業務は、省力化してコストダウンを図るとともに、短時間で効率的に作業を終えて本業に充てる時間を確保することが大切です。そのためにも、クラウド会計システムの導入を検討してみると良いでしょう。”