土地の相続税っていくらかかるの?

お問い合わせ土日祝日対応

043-330-3091

メールはこちら

土地の相続税っていくらかかるの?


親族がいる人は、いつどこで相続の機会が巡ってくるか予想できないことがあります。そんな突然の相続において、悩みがちな問題が土地の相続税です。なぜなら、土地の相続税は算出方法が難しいうえ、地域によって違いがあるなどの注意点が多く、自分一人で計算しようとすれば間違いやすいものなのです。そんな土地の相続税のシステムや算出方法などを紹介します。

 

土地を相続すると税金が発生する

身内に不幸があった場合、あなたが財産を相続するケースもあることでしょう。金銭だけでなく、土地を相続する可能性もあります。その場合、相続税が発生することを念頭に置く必要があります。相続税は相続から10ヶ月以内に納税することが義務づけられています。もし、この期間を過ぎてしまうと延滞税や加算税を課せられ、場合によってはかなり大きな負担になってしまいます。「忘れていた」や「知らなかった」では済まされないのが税金ですので、しっかりと税金の仕組みを理解して、漏れのないように申告してください。

 

相続税の算出方法とは

相続税は相続者が勝手に計算して申告するのではなく、国税庁が定めた基準に基づいて、土地を評価し、税額を算出します。算出方式には「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。路線価方式は建物の建っている土地に対する算出方式です。道路を区切って、その道路に面している土地を平方メートルあたりで算出します。倍率方式は建物のない土地の算出方式で、各市町村で決めている固定資産評価額を基準としています。しかし、この固定資産評価額は実勢価格と開きがあることも多く、調整するために地域に合わせた指数をかけます。そのため、倍率方式と呼ばれています。

 

クラウド会計をおすすめする理由

このように、土地の相続は重要な義務である一方で、算出が難しく、一個人にとっては大きな負担となります。長い時間をかけて算出したとしても、金額が間違っていたら、延滞税を課せられてしまう可能性もあります。そこで、おすすめしたいのがクラウド会計です。会計のプロが提供しているサービスを利用することで、税金の申告がスムーズかつ正確に行なうことができます。相続税で悩みがちな地域による算出方式の差異にも戸惑うことが少なくなる期待もあります。相続税以外にも、税金や財産についてあなたがお悩みのことなどもクラウド会計なら解消されるきっかけを掴めるかもしれませんので、前向きな検討をおすすめします。”