利益向上対策と税金の節税対策は並行して行う必要がある!

お問い合わせ土日祝日対応

043-330-3091

メールはこちら

利益向上対策と税金の節税対策は並行して行う必要がある!


利益を増加させる対策を考える場合や効果的な節税処理を検討する場合には、正確な会計帳簿と損益計算書や貸借対照表などの決算書が欠かせません。そこで、ローコストで手間をかけずに精度の高い会計処理に基づいて決算書が作成できるクラウド会計についてご紹介します。クラウド会計の導入は利益増加と節税の両方で役に立つはずです。

 

経営はいかに利益を向上させるかがポイント

事業の経営者の重要な仕事の1つは利益を稼ぐことです。会社の場合は、利益を稼ぐことによって株主から認められますし、従業員の給料やボーナスを増やすこともできます。また、拡大投資の資金も生み出すことができるようになります。個人事業者の場合も、事業の利益が増加すれば、思い通り経営上の手を打つことができますし、自分自身の生活レベルの向上にもつながります。利益を増加させる方法は、売上を上げるか費用を削減するしかありません。具体的な対策を考える場合はアイデアも必要ですが、その対策も決算書や帳簿が正しく作成されていて、その数値が正確に事業の状況を表していることが前提となります。

 

利益が増加すると税金の負担も増加するため節税対策も並行して行う必要がある

利益向上の対策が効果を発揮し税引き前利益が増加すると、個人事業であれば所得税、法人であれば法人税のなどの税金の負担も増加することになります。そのため、利益を増加させる対策とともに、節税対策も並行して行っていく必要があるでしょう。節税にはいろいろな方法があり、設備投資をした場合の特別償却や税額控除などの節税効果が高い方法もあります。これらを上手く活用して、合法的に納税額を抑えることも経営者の大切な役目です。節税対策を考える上でも、正確な帳簿と決算書が重要な役割を果たします。

 

利益向上対策も節税対策も正確な帳簿と決算書が重要

利益向上対策を検討する場合だけでなく効果的な節税対策を考える場合でも、事業の状況を正しく表している帳簿や決算書が必要になります。手間やコストをかけずに帳簿や決算書の精度を上げる方法としては、クラウド会計の導入が効果的でしょう。クラウド会計はネット上のデータとの相性が良いため、預金データをダウンロードして自動的に会計処理に結び付ける機能など、正確に決算を行うための機能が多数含まれています。間接業務を行うバックオフィスのコストが気になる人だけでなく、利益の増加や効果的な節税を検討している人も、クラウド会計の導入をおすすめします。”