個人が不動産賃貸事業を行っている場合の税金と確定申告の対応

お問い合わせ土日祝日対応

043-330-3091

メールはこちら

個人が不動産賃貸事業を行っている場合の税金と確定申告の対応


個人が賃貸アパートや賃貸マンションなどの不動産賃貸事業を行っている場合、不動産所得が生じますので、原則として所得税の確定申告が必要になります。費用の管理や確定申告作業は手間がかかりますので、効率的にその作業を行うことができるクラウド会計についてご紹介します。

 

賃貸事業を行っている場合の不動産所得の計算

個人が賃貸アパートなどの賃貸不動産経営を行って利益が生じた場合は税金が課税され、原則として所得税の確定申告を行う必要があります。そのため、まず、不動産所得の計算方法を理解しておくことが大切です。これができなければ所得税の税負担額の見込みが計算できず、正確な資金繰りができなくなってしまいます。不動産所得の計算は、家賃や礼金などの総収入金額から建物の減価償却費や修繕費、賃貸管理業者に支払う費用などの必要経費を引いて求めます。ただし、青色申告をしている場合は、さらに青色申告特別控除が認められています。青色申告をすると、特別控除以外にも税の恩典が得られますので、帳簿や決算書の作成などの要件を満たして青色申告することをおすすめします。

 

不動産所得がある場合の所得税の確定申告

不動産所得から所得控除を引いた課税総所得金額がプラスであれば、所得税の確定申告義務が生じます。確定申告の時期は、課税期間の翌年2月16日から3月15日とされています。納税時期になると税務署はかなり混雑しますので、早めに提出する方が良いでしょう。また、税務署に行かなくても郵送やインターネットでの電子申請もできます。確定申告書の作成自体はそれほど大変な作業ではないですが、作成の基礎となる1年間の会計データを整理する作業は手間がかかります。申告作業の事前準備にあたる会計データの整理を効率的に行うことは、賃貸経営を順調に進めていくためにも必要なことでしょう。会計データが常にしっかり整理されている状態になれば、経費管理や家賃回収管理などにも活かせますので賃貸経営の役に立つはずです。

 

効率的に経営管理を行い確定申告をするためにはクラウド会計がおすすめ

確定申告書作成の基礎となる会計データを効率的に整理するためには、クラウド会計を導入すると良いでしょう。クラウド会計は、複数の端末でのアクセスができたり、パソコンでもタブレットでもアクセスできたりしますので、会計データの入力負荷を減らすことができます。その結果、データの入力を後でまとめてするのではなく、支出が発生した都度入力できるようになるでしょう。また、入力したデータを活かして自動的に確定申告書を印刷する機能を備えているのが一般的ですので、基礎データの整理だけでなく申告書作成の役にも立ちます。”