ミスや時間のロスなど、決算予測の問題点を解決する方法!

お問い合わせ土日祝日対応

043-330-3091

メールはこちら

ミスや時間のロスなど、決算予測の問題点を解決する方法!


企業の経理担当者にとって、非常に重要な業務、それが決算予測です。しかし、この決算予測、とても手間がかかる作業のうえに人為的なミスも起こりやすく、多くの企業が悩んでいるポイントなのです。ここでは決算予測についての詳細を説明しつつ、決算予測のミスや手間隙を防止できる方法について紹介いたします。

 

決算予測ってどんなことをするの?

決算予測とは何のために、どんなことをするのでしょうか?それを知るためにはまず、決算の重要性を理解することが必要です。決算とはその年度の企業の売上げや目標達成率、税額など全ての数字が決定されることです。そして、この数字は銀行との交渉や株主総会などで提示することになります。次年度の企業の行方を左右する重大な業務が決算です。年度を越えてしまっては訂正がきかないため、決算の直前の経理担当者はいつも以上に慎重に業務を行ないます。そのようなとき、直前でミスや予期せぬトラブルが起こらないよう、事前に数字をコントロールしたり、節税対策を練ったりしておいて、決算をスムーズかつ正確に行なうために決算月の前から決算予測することが必要なのです。

 

決算予測の難しさ

しかし、決算予測とは簡単なものではなく、予測からかけ離れることもしばしばです。要因として、取引先が倒産するなどの感知できない事象もありますが、人為的なミスによって予測が外れることもしばしばです。ありとあらゆる数字を考慮に入れて、算出しなければ正確な決算予測はできないため、日々の業務に追われながら常に変動する数字をデータ化し、予測値をはじき出すのはベテランの経理担当者でも難しい作業です。しかし、予測を立てなければ決算に向けて数字を調整したり、費用の節減の指示をしたりすることができません。いかにして正確かつスムーズに決算予測を行なうか、多くの経理が頭を抱えている問題です。

 

クラウド会計をおすすめする理由

クラウド会計サービスをおすすめするのは、そんな決算予測における人為的なミスを防止できるからです。パソコンにインストールするだけで誰でも使用可能になるクラウド会計サービスは操作も便利で、必要な数字を入力していくだけで正確に売上や税額を自動算出してくれます。やっかいな税制の改正についてもその都度システムが更新されていくので、心配要りません。決算予測に手を焼いている企業ほど、クラウド会計の導入を検討してみる余地があるのかもしれませんね。