マンション経営などの不動産投資で節税する方法とは?

お問い合わせ土日祝日対応

043-330-3091

メールはこちら

マンション経営などの不動産投資で節税する方法とは?


土地を所有している場合、賃貸マンション経営などの不動産投資を行うことによって節税ができます。特に、青色申告は節税効果があるだけでなく資金管理や利益管理にも役立ちます。クラウド会計を上手く活用して効率的に記帳や決算書、確定申告書を作成することをおすすめします。

 

不動産所得の赤字は損益通算や損失繰越控除ができる

賃貸マンション経営を行ったことによって生じた利益は、所得税の計算上、不動産所得として課税されます。しかし、空室が発生したり必要経費がかかりすぎたりすると赤字になることもあります。ただし、不動産所得の赤字は、他の給与所得や事業所得と損益通算してその所得を減らすことができます、また、青色申告をしている場合に限り、損益通算しきれなかった損失を翌年以降3年間繰り越すことも認められています。青色申告をするためには、帳簿を作成し証憑を保存した上で決算書も作成する必要がありますが、クラウド会計を活用すれば効率的に処理することができるでしょう。

 

青色申告特別控除などにより節税できる

青色申告をすることによる節税メリットは、不動産所得の損失繰越控除ができるだけではありません。事業的規模で賃貸事業を行っている場合は、不動産所得を計算する場合、65万円の青色申告特別控除の適用があります。事業的規模でない場合は控除額は10万円です。また、青色事業専従者給与の適用を受けることも可能です。事業専従者とは、従業員としてフルタイムで雇われている家族のことです。家族に支払う給与やボーナスは、原則として必要経費に算入する場合に厳しい制限がありますが、青色申告の場合は、過大なものでなければ全額必要経費として計上が認められるのです。青色申告の義務である記帳業務などはクラウド会計などを活用して作業負荷を軽減できますので、賃貸マンション経営をする場合は、青色申告者として確定申告することをおすすめします。

 

固定資産税も節税できる

賃貸マンション経営を行っている場合に限らず、不動産を所有している人は固定資産税を負担する必要があります。しかし、賃貸経営をしている場合と更地で保有している場合では、同じ土地でも固定資産税の負担が大きく変わってきます。まず、賃貸アパートを含めた居住用の建物が建っている土地の固定資産税は、更地の場合の固定資産税と比較すると6分の1にまで軽減できる特例があります。適用面積の上限はありますが、賃貸マンションを建てることで大きな節税効果が得られます。また、支払った固定資産税を家賃で回収することもできます。賃貸マンション経営は、所得税の節税効果だけでなく固定資産税の節税効果もあることを知っておくとよいでしょう。”