クラウド会計システムの導入で会計処理も税務処理も効率化できる

お問い合わせ土日祝日対応

043-330-3091

メールはこちら

クラウド会計システムの導入で会計処理も税務処理も効率化できる


クラウド会計の導入を検討中であっても、導入後に使いこなせなかったらどうしようという不安があって導入に至っていないケースもあるでしょう。そういった不安を解消してクラウド会計のメリットを早く享受するために、クラウド会計導入後の会計処理や税務処理についてご紹介します。

 

クラウド会計では自動的に処理できる部分が増える

クラウド会計を導入しようと検討している経営者の場合、既にパソコン用の会計ソフトは導入済というケースが多いでしょう。導入済の会計ソフトの処理を覚えるのに苦労して慣れてきた経験があればあるほど、新しいシステムの導入に慎重になるのは無理もありません。しかし、クラウド会計を導入する効果を正しく理解することによって、クラウド会計導入を早く決断できるようになるでしょう。クラウド会計の代表的なメリットは、自動的に処理できる部分が多い点です。導入済の会計ソフトは、バージョンアップやバックアップに相当手間と時間をかけていたはずですが、こういったことはクラウド上で一括してクラウドシステム提供業者が行うため、ほとんど手間がかかりません。また、銀行口座のデータなどをネット上からダウンロードして自動的に取り込むことも簡単にできるようになります。クラウド会計導入は、会計や税務の間接コストを大幅に下げられる可能性があることを知っておくと良いでしょう。

 

クラウド会計を導入すると会計処理や税務処理はどうなるのか?

クラウド会計を導入すると日々行う会計処理や税務処理も楽になりますし、年1回行う確定申告書の作成もほぼ自動的にできるようになるでしょう。会計処理については、ネット上などから取り込んだデータを仕訳に自動的に変換する機能が充実しています。そのため、正確かつ効率的に会計作業を進めていくことができますし、日々行うことの大変さも軽減されるでしょう。また、クラウド会計にデータを入力する人は、必ずしも会計に詳しい人である必要がなくなるため、営業や工場などの人がダイレクトに入力作業を都度行うことで、2度手間をなくすることも期待できます。さらに、税務処理については確定申告書の作成やそれに添付すべき損益計算書、貸借対照表の作成が楽になるメリットがあります。これらの書類は、専門家でないと作成できないと考えている人もいるかもしれませんが、システムから自動的に出てきたものをチェックする人にある程度の税務知識があれば問題ないでしょう。場合によっては、税務的なチェックだけを税理士に依頼する方法もあります。クラウドシステムの導入によって、会計と税務の処理コストを下げることにつなげられるはずです。