クラウド会計を活用して所得税の確定申告の期間を余裕を持って過ごす!

お問い合わせ土日祝日対応

043-330-3091

メールはこちら

クラウド会計を活用して所得税の確定申告の期間を余裕を持って過ごす!


個人商店やコンサルタントなど個人事業主の人は、1年に1度所得税の確定申告を行う必要があります。1年分のデータをまとめて税額を算出し確定申告書を完成させる作業は大変な作業で苦手意識がある人も多いようです。そこで、クラウド会計を活用して効率的に申告書を作成し、確定申告の期間中でも余裕を持って過ごせるようになる方法についてご紹介します。

 

所得税の確定申告期間

所得税の課税対象期間は、事業を開始した日などに関わらず毎年1月1日から12月31日と決められていて、確定申告書の提出期間と納税期限は翌年2月16日から3月15日となっています。個人事業主は、1年が終了したら少なくとも翌年の3月15日までに申告書の作成と納税資金の確保の必要があります。また、会社員などの場合は、所得税が会社を通じて源泉徴収され既に納められていますが、医療費控除などの適用を受けるために確定申告することで源泉徴収された税額を還付してもらうこともできます。この場合の還付申告書の提出については翌年以降いつでも提出可能です。

 

個人事業者が陥りがちな確定申告の失敗

確定申告書の作成は、それほど難しい作業ではないといわれています。国税庁のホームページにある確定申告書作成コーナーを活用すれば、基礎データを確定申告書の形にするのは簡単でしょう。しかし問題は、1年分の収入や支払いの情報を整理することです。確定申告書を作るにあたって、この基礎データの整理が一番大変な作業なのです。毎日、毎月など定期的に支出データの整理と領収書との突合せなど基礎データの整理をやっている個人事業主にとっては、確定申告期限である3月15日はそれほど厳しい日程とは感じないでしょう。一方、1年間まったく基礎データの整理をせずにまとめて整理をしようとすると大変な労力を要することになります。最悪の場合、終日つぶしても対応しきれないというケースもあるようです。確定申告の期間中も余裕を持って過ごすためには、1年分をまとめて処理するのではなく定期的に会計処理をしておくことが大切なのです。

 

クラウド会計を活用して効率的に確定申告する

毎日、毎月会計処理を済ませておけば後で楽ができると頭ではわかっていても、なかなか実行できないと悩んでいる人もいるでしょう。そういった場合は、クラウド会計を導入してみることをおすすめします。クラウド会計のメリットは、パソコンに限らずスマホやタブレットでも入力できることです。気が付いた時や支払いをした都度、データを入力していけば整理すべきデータが溜まってしまうこともありません。クラウド会計を活用することで、日々の記帳作業が楽になります。コストも低額で済ませられるケースが多く無料で使える範囲でも十分対応できるケースもあります。確定申告期間に楽をしたい人は導入を検討してみると良いでしょう。