クラウド会計を導入して経営を効率化しよう!

お問い合わせ土日祝日対応

043-330-3091

メールはこちら

クラウド会計を導入して経営を効率化しよう!


クラウドという言葉はITやWebの世界でよく聞かれる言葉です。会計の世界もIT技術などの導入により、クラウド会計というものがシェアを伸ばしつつあります。従来の会計ソフトよりもクラウド会計を導入することで経理面が効率的に機能すると話題です。よく耳にはするけど、具体的にどのようなものなのかが分かりにくいクラウド会計について今回は取り上げてみたいと思います。

 

クラウドとは?

クラウド会計の詳しい説明の前に、そもそもクラウドとはどのような概念なのでしょうか?クラウドを直訳すると雲という意味になりますが、ITの世界で使われるクラウドは当然そのような意味では無く、クラウドコンピューティングの省略形です。このクラウドコンピューティングは簡単にいうと、インターネット上にデータを保存する技術のことをいいます。各社のメールサービスなども個々のパソコンにデータを保存しているわけではなく、ネット上にデータを保存して利用しますので、これに当てはまることになりますね。このように、インターネット上にデータを保存する仕組みのことをクラウドコンピューティングというのです。

 

クラウド会計が最近人気の理由

クラウド会計は、クラウドコンピューティングのシステムを利用した会計ソフトのことを主に指します。クラウドそのものがここまで人気になった理由には、社内での情報共有などの面でとても効率が良いという点が挙げられるでしょう。クラウドは上述の通り、個別のパソコンなどの端末にデータが保存されているわけではないので、インターネット環境さえあればどこでも閲覧が可能になります。もっといえば、同時に複数人がそのデータを閲覧し、同時に編集を行うことも可能なのです。クラウド会計では、従来の会計データを持っていなければ閲覧できなかった情報も、インターネット環境さえあればどこでも閲覧をすることができるという点が、個人事業主や中小企業を中心に人気が高まっている理由です。

 

経営を効率的にすることができる

会計処理は簿記の知識や会計の知識に乏しい場合には、なかなか理解しがたい部分が多いものです。そのような会計処理を簡便にしてくれる機能がクラウド会計には備わっています。ソフトやサービスによって違いますが、複雑な仕分け処理を自動判別で処理してくれたり、仕訳帳からの試算表の作成、および決算書の作成までを一括で行ってくれたりという機能を備えているものもあります。これをクラウド会計によって社内で共有することで、従来のように複数の会計ソフトが必要ということがなくなるのです。クラウドはセキュリティ面で気にされる方が多いですが、クラウドサービスではセキュリティには最も力を入れているといっても良いほどに強化されています。このセキュリティ面の充実も後押しして、クラウド会計の人気は高まってきたと言えるでしょう。