クラウド会計を導入して決算の報告をコストをかけずに早期化する!

お問い合わせ土日祝日対応

043-330-3091

メールはこちら

クラウド会計を導入して決算の報告をコストをかけずに早期化する!


経営者にとって、決算の報告が早期化できれば、それだけ経営判断が早くできるようになります。そのため、コストをかけず決算報告の早期化を実現したいと考える経営者は多いでしょう。そこで、決算早期化のメリットと、低価格で決算早期化を実現できる可能性があるクラウド会計についてご紹介します。

 

決算の報告を早期化するメリットとは?

会社は最低でも年1回、決算を行う必要があります。決算とは、事業年度中の売上や費用を集計し利益がいくらだったのかを確定したり、現預金や固定資産、棚卸資産など資産の残高や借入金や買掛金などの負債の残高を明らかにしたりすることです。最終的に、事業年度中の会社の経営成績を表す損益計算書、事業年度末における財政状況を明らかにする貸借対照表、そして事業年度中の資金増減を示すキャッシュフロー計算書を作成します。経営者はその結果を分析し、課題を解決して、次の経営施策を打ち出していくことになります。そのため、経理部門などから受ける決算の報告が遅くなれば、その遅くなった分だけ経営判断が遅れることになってしまいます。また、年1回の決算だけでは、事業年度の最初の時期に起きた課題を把握し対策を打つまでに時間がかかってしまいますので、月次決算を行うことも重要です。決算が早期化できれば、経営者への報告が早くなり経営判断が素早くできるようになるだけでなく、決算の作業にかかるコストの削減にもつながるでしょう。

 

決算報告の早期化を実現するためにはクラウド会計の導入が効果的

決算報告の早期化と決算にかかるコストの削減を目指す場合は、クラウド会計を導入するのが効果的でしょう。クラウド会計には、決算を早期化できる機能が数多く含まれています。例えば、銀行預金データをネット上でクラウドシステムに取り込むことによって、自動的に仕訳を作成する機能を活用すれば、銀行預金の入出金データと仕訳帳を突合する作業が省略できるほか、正確な会計処理の実現にも役立ちます。また、処理が集中する決算期などには複数の担当者が同時にシステムにアクセスできる機能も決算の早期化に役立つでしょう。さらに、クラウド会計には経費分析ができる機能が付いているものもありますので、そういった機能を活用すれば、決算書の作成が早期化できるだけでなく、決算内容の分析も効率的に行うことができるはずです。導入コストやランニングコストもリーズナブルですので、クラウド会計の導入を検討してみると良いでしょう。