クラウド会計の導入で決算書完了までの期間短縮だけでなく決算分析機関の短縮も可能!

お問い合わせ土日祝日対応

043-330-3091

メールはこちら

クラウド会計の導入で決算書完了までの期間短縮だけでなく決算分析機関の短縮も可能!


事業活動は客観的な金額で表すことが重要です。金額ベースで事業活動をまとめたものを決算書と呼びます。決算書とは、損益計算書や貸借対照表などの総称です。経営者にとって、決算書の作成は法的な義務という側面もありますが、同時に経営状況を正確に把握するためにも必要不可欠です。より早く経営状況を把握するためにも、決算書作成にかかる期間は短い方が望ましいでしょう。クラウド会計の導入は決算書作成の期間を短縮できる効果が期待できます。同時に、決算書作成後の分析にも役立ちます。

 

クラウド会計導入により決算書作成期間を短縮できる

クラウド会計を導入することによって日々の決算処理は楽になります。複数の端末で同時に会計システムにアクセスできますので、複数の経理担当者により同時並行で処理が進められるようになります。また、デバイスを選ばないというメリットもありますので、現場の担当者が直接システムにスマホなどでアクセスして処理することができ、会計処理はより早くなる期待があります。さらに、事業用の銀行口座から入出金データをダウンロードして自動的に仕訳データを作成する機能を活用すれば、より早い会計処理が実現できます。日々のデータの作成が滞りなく進められることによって、決算書作成にかかる期間を短縮できます。もちろん、決算書の自動作成などの機能もありますので、決算書を確認して経営状況を把握するタイミングを早期化できるでしょう。より早く決算書が確認できるようになれば、素早い経営判断につなげることも可能になります。

 

クラウド会計は決算分析機能も充実している

クラウド会計の導入は、決算書が完成するのが早くなるメリットがあるだけでなく、決算書の分析にも力を発揮します。決算書の数字からどんな経営課題があるかを分析することは重要です。単に、損益計算書の利益の数字を見て確認するだけでは、経営に活かせないでしょう。前年比や計画比で費目ごとにより詳細な分析をすることによって、改善すべき課題がよく見えてくるようになるはずです。的確に課題が発見できるようになれば、適切な対策も立てやすくなるでしょう。クラウド会計システムには、前年比や計画比の分析機能が含まれているものも多いです。その機能を活用すれば、決算分析の精度があがり、より早い課題の発見が可能になります。クラウド会計システムの導入はローコストで実現できます。効率的な決算書作成と分析を目指す経営者は、少ないコストで決算書作成にかかる期間を短縮し、分析精度も向上できるクラウド会計の導入をおすすめします。”