クラウドとは?広がる情報処理サービス

お問い合わせ土日祝日対応

043-330-3091

メールはこちら

クラウドとは?広がる情報処理サービス


インターネットが普及したことにより、いつでもどこでもあらゆる情報に接することができるようになりました。それは情報の管理に関しても革命を起こし、デバイス機器を通じたデータの集約や管理の利便性を劇的に向上させています。こうしたインターネットを経由した情報処理のことを俗にクラウドサービスと呼び、クラウドの技術は今後さらに進化していくと見込まれています。

 

クラウドとは?

そもそもクラウドとは、「雲」という意味を表しています。インターネットを経由することで、まるで「雲」も向こうの情報をも処理することができるという意味で、クラウドという表現の仕方をしています。そもそもインターネットを利用するとき、パソコンやタブレットそのものは物として触れることができる一方、それらの端末を通してつながることのできるネットサービスはとてもあやふやとしたものです。クラウドとはこうした「雲」のようなあやふやなものを表す言葉としてネットワークの世界で使われてきた単語で、それが新しい情報管理サービスと結び付けられることで、クラウドという言葉そのものが定着してきたのです。

 

情報管理におけるクラウドとは?

かつてはネットワーク全体を表してクラウドという表現を使っていましたが、今では徐々にインターネットを利用した情報処理やデータ管理を表す言葉としてクラウドという表現が使われるようになってきています。一昔前までのデータ管理の方法は、主にパソコンなどの端末のみを使ったものでした。パソコンにアプリやソフトをインストールして、そのパソコンの中においてのみ、データや情報の管理をするというものです。この場合、処理をした会計データなどの情報は、自分のパソコンのみで閲覧や編集がなされ、他の端末でそれをするときはわざわざデータを移す必要がありました。これに対してクラウドでは、データや情報をインターネット上に直接保存することができます。インターネット上にデータや情報が保存されていることで、自分のパソコンだけではなく、スマートフォンやタブレット端末でも情報を閲覧したり、あるいは処理や編集したりすることができるようになります。しかもそれだけでなく、会社でも自宅でも、はたまたネットカフェなどでも、いつでもどこでもデータを共有することができるようになり、データ管理の利便性を劇的に向上させることにつながるのです。こうしたクラウド技術を用いたサービスはどんどん他分野に広がっており、webメールのようなものから会計処理の分野まで、各方面で情報処理の利便性の向上が広がっています。